奥村食堂イメージ
 

奥村食堂

2016年11月 1日 15:49 | サラダ

小松菜のおかかマヨ和え

サムネイル画像

栄養コメント

小松菜、大豆には鉄分が多く含まれており、赤パプリカには鉄分の吸収を促進するビタミンCが多く含まれています。また、ひじきは食物繊維やカルシウムが豊富なので、妊娠中に必要な栄養素が詰まった一品となっています。マヨネーズでまろやかに、そこにかつお節のアクセントが効いた和風なサラダになっています☆☆

材料(1人分)

小松菜 1/6束
乾燥ひじき 2g
大豆(水煮) 20g
赤パプリカ 10g
かつお節 1/2パック
マヨネーズ 大さじ1
しょうゆ 小さじ1/2

栄養価(1人分換算) 155kcal・塩分0.8g

作り方

①小松菜を茹で水気を切り、5cmくらいの長さに切ります。
②乾燥ひじきは水で戻して茹がき、水気をきります。
③赤パプリカは薄くスライスします。
④ボウルに小松菜、ひじき、赤パプリカ、大豆を入れ、マヨネーズ、しょうゆ、かつお節で和えれば出来上がり。

2014年12月 9日 09:30 | 和食

八宝うどん

サムネイル画像

栄養コメント

とろみのついたつゆと、生姜で身体を温めましょう!
野菜やきのこは体内から塩分を排泄する働きのあるカリウムが豊富に含まれています。塩分を摂りすぎないように、うどんのつゆは残すようにしましょう。

材料(2人分)

うどん 2玉
豚こま 60g
玉ねぎ 1/4個
白菜 2枚
にんじん 1/2本
きくらげ 少々
しめじ 1/2袋
しいたけ 2個
生姜 ひとかけ
ねぎ あれば少々
【うどんつゆ】
700cc
ほんだし 4g
薄口しょうゆ 大さじ1と1/3
みりん 大さじ2
砂糖 小さじ1
【その他】
ごま油 小さじ1
水溶き片栗粉 小さじ1

栄養価(1人分換算) 410kcal・塩分3.3g

作り方

①豚こまは、食べやすい大きさに切る。玉ねぎとしいたけは1cmスライス、白菜はざく切り、にんじんは拍子木切り、しめじは軸を取る、しょうがはおろしておく。
②うどんつゆを作り沸かしておく。
③②に豚こま、火が通りにくい順に野菜を加え加熱する。おろし生姜、ごま油を加え混ぜ、全ての材料に火が通ったら水溶き片栗粉でとろみをつけて仕上げる。
④ゆがいたうどんを湯切りし、器に盛り付けて③をかける。ねぎをトッピングして完成。

2014年10月 9日 11:57 | 洋食

かぼちゃコロッケ

サムネイル画像

栄養コメント

かぼちゃは緑黄色野菜で妊活中・妊娠中には嬉しい葉酸・ビタミンEが豊富に含まれています。その他、ビタミンCや食物繊維も多く、旬のこの時期にオススメの食材です。

材料(8個分)

かぼちゃ 400g(1/4個)
玉ねぎ 100g(1/2個)
バター 8g
ロースハム 3枚
塩コショウ 少々
牛乳 20cc
チーズ 50g

栄養価(1人分換算) 133kcal・塩分0.6g

作り方

①かぼちゃは皮を剥いて3㎝角に切り、濡らしたキッチンペーパーにくるんでレンジで約5分ほどやわらかくなるまで加熱する。
②①にバターで炒めた玉ねぎ・ハム・塩コショウ・牛乳を加えて混ぜる。
③チーズを②で包み丸く形を整える
④小麦粉・卵・パン粉をつけ180℃の油でキツネ色になるまで揚げる。

調理ポイント

ハムの代わりに炒めたひき肉やウインナー、チーズはとろけるチーズやクリームチーズを利用してもおいしく作れます。

2014年10月 7日 10:38 | お菓子

かぼちゃクッキー

サムネイル画像

栄養コメント

ハロウィンに向けたお菓子作りにどうぞ♪
直径約6cmの大きめのクッキーが約25枚作れます。
1枚あたりのカロリーは90kcal
妊娠中の方は1日2枚程度にしましょう。

材料(約25枚分)

薄力粉 160g
かぼちゃパウダー 50g
ベーキングパウダー 3g
1個
砂糖 100g
粉黒糖 20g
無塩バター 140g

栄養価(1人分換算) kcal・塩分g

作り方

①バターを1cm角に切り、室温に戻しておく。
 卵は溶いておく。
 黒糖は粒状に固まっていることがあるので、ふるっておく。
 薄力粉・かぼちゃパウダー・ベーキングパウダーをあわせてふるっておく。
②バターをボウルに入れ、泡だて器でクリーム状に練る。
 砂糖と黒糖を加えて、ざらざらが溶けてふんわりするまですり混ぜる。
③卵を少しずつ加え混ぜ、合わせてふるった粉類も加えてゴムべらでさっくり混ぜる。
④生地をまとめて冷蔵庫で1時間以上休ませる。
⑤好きな形に型ぬきして、オーブン180℃で7分焼く。
 焦げやすいので様子を見ながら焼き時間を調整する。

2014年8月28日 15:48 | 和食

ヒスイ豆腐

サムネイル画像

栄養コメント

枝豆には“葉酸”という栄養素が沢山含まれています。“葉酸”は、赤血球の形成や胎児の正常な発育に必要なビタミンとして知られています。ヒスイ豆腐はつわり中の方にも食べやすいあっさりした一品です。※冷凍の枝豆でも葉酸含有量はほとんど変わりません。

材料(カップ5個分)

えだまめ(冷凍でも可) 75g
320cc
砂糖 小さじ2
小さじ1/4
ゼラチン 5g
水※ゼラチン用 大さじ2
【あん】
めんつゆ(2倍希釈用) 25cc
50cc
片栗粉 少々
針生姜 少々

栄養価(1人分換算) 34kcalkcal・塩分0.8gg

作り方

①湯がいた枝豆・水をミキサーでサラサラになるまで回す。
②①に砂糖・塩を加え、弱火にかけ沸騰してきたら火からおろす。
③水でふやかしておいたゼラチンを②に加え溶かし、粗熱をとってから器に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
④めんつゆ・水・片栗粉を鍋に入れよく溶き、とろみがつくまで火にかけ、あんをつくる。
⑤④が固まったら、冷ました③を上から流し、針生姜を飾って完成。

調理ポイント

枝豆はしっかりミキサーで回すことで舌触りがなめらかになります。
薄皮などが気になる場合、ざるで何度が濾すといいでしょう。

ゼラチンを加えた液は、トロリとするまで冷水などで冷やしてから型に流すと早く固まります。

ページの先頭へ