ごあいさつイメージ

トップページ > ごあいさつ

ごあいさつ

奥村嘉英理事長 ごあいさつ

ごあいさつ写真

より安心安全な医療を

皆さまもご存じのように、ここ何年かで産婦人科を取り巻く医療情勢は目まぐるしく変化しています。ひとりの産婦人科医として私にできることは何だろうと悩んできました。そのような中、私の信条に共感してくれる仲間が増え、仲間と共に歩む決意を新たにし、様々なニーズに対応できるよう診療体制も含めたハード・ソフトの両面で変革を進めていくこととなりました。
現在、産科・婦人科・小児科は新館の奥村マタニティクリニックで奥村が、心療内科・内科・訪問診療・婦人科については奥村レディースクリニックで加納・向林両先生が診療に当たっております。

個々の患者さまの対応は各主治医が行いますが、複数の医師が協力して診療にあたると共に、女性のための総合診療所として地域医療を担っていく所存です。

略歴

昭和57年
近畿大学医学部卒業/近畿大学医学部産婦人科学教室入局

昭和59年
大阪府立母子保健センター(新生児科・母性内科・産科レジデント)
大阪日赤麻酔科研修、洛和会音羽病院、PL病院

平成 4年
近畿大学医学部附属病院 産婦人科

平成 6年
医療法人奥村医院(旧名)継承

平成20年
医療法人久和会(改名) 理事長就任

資格

日本産科婦人科学会専門医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
母体保護指定医

ごあいさつ写真

病棟スタッフごあいさつ

ごあいさつ写真

お母さんの心と体をサポート

『新しい生命の誕生』なんてすばらしい事でしょうか!太古の昔から受け継がれてきた女性本来の産み出す力に感動し、日々パワーをもらっています。穏やかで幸せそうなお母さんと赤ちゃんを見ていると私たちも幸せな気持ちになります。
当クリニックでは母子同室を通して、母と子の絆を大切にし、楽しい育児ができるようサポートさせていただきます。妊娠中はソフロロジー教室、ペアクラス、助産師外来で安産に向けた心と体の準備を、入院中には沐浴練習、乳房マッサージ、母乳指導で子育てがスムーズにいくようにお手伝いします。また、エステティシャンによるアロマトリートメントでリフレッシュしていただいています。
退院後は、母乳外来、育児相談を行っていますので、どんなささいなことでも安心して私たちにご相談ください。

外来スタッフごあいさつ

ごあいさつ写真

お気軽にご相談ください

新しい命の芽生え、育み、そして誕生をみんなで喜び合えるようお手伝いさせていただくことをモットーに、現在看護師・臨床検査技師・看護補助者が外来看護に頑張っています。
私たちは元気に出産・退院され、検診時にすくすくと大きく育ったお子さまと、ママになられたうれしそうな患者さまを見るのが何より楽しみです。私たちは診察時はもとより、お待ちになられている時間も患者さまとのコミュニケーション、お声かけを大切に、話しやすい雰囲気作りをするよう心かげています。スタッフのほとんどが出産・子育て経験者(奮闘中を含む)で、知識・経験ともに豊富です。「先生には聞きにくいんだけど...」そんな時は、まずご相談ください。患者さまの心が少しでも軽くなるお手伝いをさせていただきます。
アットホームな当院では、スタッフ同士のコミュニケーションもとりやすく、患者さまの大切な伝達事項や対応がすぐにできると自負しております。そうやって、より良い看護につなげていき、信頼されるクリニックをめざしていく所存です。

受付スタッフごあいさつ

ごあいさつ写真

皆様との出会いを大切に

皆さまの窓口として、医院の顔としての重要な機能が受付事務だと心得、「確実・丁寧・朗らか」をモットーに対応を頑張っています。皆さまとの出会いを大切に、院長・看護師との良きパイプ役になれたらと願いつつ、皆さまの気持ちになって対応させていただきます。

早めの相談がこころの安心を与えます。
町の相談医としてもお気軽にお寄りください。誰もが気軽に声をかけていただけるよう、この医院に来てよかったと思っていただけるような受付を目指して、毎日努力しています。

調理スタッフごあいさつ

ごあいさつ写真

バランスのとれたお食事を。

2005年4月から厨房はクリニック直営で運営を開始しました。料理好きのベテラン主婦がオープニングスタッフとなり、女性ならではの視点で調理に取り組みました。
当院では、やはり安心安全なものを提供することが一番大切なことと考え、国産の牛肉・豚・鶏はもちろんのこと、卵も地鶏卵です。和歌山は野菜・くだものに恵まれ、いい食材を手にすることができます。
料理のモットーは『もてなし風の家庭料理』を「ヘルシーにおいしく」です。
患者の皆さまから「ごちそうさま」の笑顔がいただけるように、スタッフ一同、日々料理に励んでいます。今後も、患者さまのご要望に応じたメニューを取り入れ、時代にあった新しいお食事をお楽しみいただけるよう、心がけてまいります。

ページの先頭へ