婦人科診療

子宮がん検診

女性の死亡原因で一番多い、がん。
早期発見・早期治療で健康な日々を。

がんは、少しでも手遅れになると命を落とす、大変危険な病気です。
自覚症状がなくても、定期的にがん検診を受け、早期発見・早期治療を行いましょう。
当院では下記のがん検診を行っています。

診療内容

  • 子宮頸がん検診
  • 子宮体がん検診
  • 卵巣がん検診…超音波検査
  • 手術療法が必要な場合は、手術対応が可能な総合病院へご紹介しています。
  • 悪性腫瘍(子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんなど)が疑われた場合にも、専門の治療施設へのご紹介を行っています。

 

子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がんは国内では年間約1万人が罹患し、約2,800人が死亡しており、患者数・死亡者数とも近年漸増傾向にあります。 
年代別にみた患者さんの数は、20代後半から増えていき、40代でピークを迎えます。原因はHPV(ヒトパピローマウイルス)の子宮頸部への感染です。
子宮頸がんの原因となるHPVは約15種類ありますが日本人の場合16型、18型が約60%、52型、58型、33型を含めると約80%を占めます。
HPVは一般に性行為を介して感染することが知られています。

国内で承認されているHPVワクチンは2価と4価の2種類があります。
2価ワクチンは子宮頸がんの主な原因となるHPV-16型と18型に対するワクチンです。
一方4価ワクチンは16型・18型と、良性の尖形コンジローマの原因となる6型・11型の4つの型に対するワクチンです。
なお、海外ではすでに9つの型のHPVの感染を予防し、90%以上の子宮頸がんを予防すると推定されている9価HPVワクチンが接種されており、日本では2020年7月に、厚生労働省より製造販売が承認されましたが、まだ使用は開始されていません。

現在世界の80カ国以上において、HPVワクチンの国の公費助成によるプログラムが実施されていますが、国内では2013年6月以降、「積極的推奨の差控え」の状況が続いています。