トップページ > よくあるご質問 > よくあるご質問

よくあるご質問 安心して当クリニックをご利用ください

不妊症検査はいつごろ受ければいいの?

避妊をやめて1年ほど経過しても妊娠しない場合が、不妊症の検査を受ける目安と考えてください。
ただし、高年齢や月経不順など、不妊症をきたしやすい症状があるときは、早めの検査をお勧めします。

費用はどれくらいかかりますか?

不妊症のスクリーニング検査を行った場合の自己負担金額は、個人にもよりますが、おおよそ約15,000円です。

体外受精とはどんな治療ですか?

何らかの原因で妊娠できなくなった場合に、卵巣から卵子を取り出して、体外で受精させてから、再び卵子を子宮に戻す方法です。
詳しくは「体外受精について」をご覧ください。

不妊症になる原因を教えてください

不妊症には、女性側の原因(35-40%)、男性側の原因(35-40%)、原因不明の不妊(10-20%)があります。
具体的には、以下のような原因が考えられます。

女性側の原因:画像

女性側の原因(35-40%)

卵管障害

精子と卵子の出会う卵管が塞がっていたり、細くなっているため、受精しにくくなっている状態。

黄体機能不全

子宮内膜を着床しやすい環境にする黄体ホルモンの分泌が低下している状態。

排卵障害

卵子が育たない、または排卵できない状態。

子宮の異常

子宮内膜症や子宮筋腫などが原因で、受精卵が着床しにくくなっていたり、着床しても流産しやすくなっている状態。

子宮頚管の通過障害

子宮頚管から頚管粘液が分泌されないと、精子が子宮腔へスムーズに進むことができない状態。

抗精子抗体

精子が女性のからだへ射出されたときに、精子を攻撃する抗体ができ、卵子と出会う前に多くの精子が動かなくなり、受精しにくくなる状態。

男性側の原因:画像

男性側の原因(35-40%)

精管通過障害

精子の通り道である精管が塞がっている状態。

性交障害

勃起障害や射精障害などで性交がうまくできない状態。

精子の異常

精子がつくられない、数が少ない、または動きが悪いなど、卵管までたどり着く確率が低くなる状態。

原因不明の不妊:画像

原因不明の不妊(10-20%)

さまざまな不妊症検査を行っても原因の特定ができない場合

卵管鏡下卵管形成術(FT法)とはなんですか?

不妊治療のうち、卵管が詰まったり、狭くなることで、卵子や精子が卵管を通ることができない卵管性不妊を対象にした内視鏡治療のひとつです。
カテーテルと呼ばれる細い管を経膣的に子宮内から卵管に挿入し、内視鏡で卵管内の状態を確認したり、癒着を剥離して通過性を回復させる体に負担の少ない治療法です。
詳しくは[腹腔鏡/卵管鏡検査 検査・手術]ページをご覧ください。

卵管因子なら、すべてFT法の対象となりますか?

卵管采(卵管の腹腔側の先端)の部分で閉塞している場合は、FT(日帰り)ではなく、腹腔鏡下でのFT法の適用となります。
また、事前検査などでこの治療を受けられないと判断される場合もあります。

麻酔はするのですか?

日帰りでのFT法については、通常は静脈麻酔で行います。腹腔鏡下でのFT法を施術する場合は全身麻酔となります。

手術時や手術後に痛みはありますか?

手術時の痛みには個人差があります。処置中は麻酔を行っているので、痛みの心配はありません。
手術後は、腹腔鏡下FTの場合でも一般に15~30分程度で消失すると言われています。

FT法を実施した後の妊娠率はどのくらいですか?

卵管の開通率は75%以上、妊娠率は30~35%といわれています。

健康保険は適用されますか?

健康保険適用手術です。一部を除いて高額療養費制度の適用となります。

ページの先頭へ