トップページ > 診療のご案内 > 婦人科

婦人科 安心して当クリニックをご利用ください

婦人科診療

専門のスタッフたちが、親切ていねいに、みなさまの心身をサポートします。

お年を召した方も、若い方も、婦人科を受診するのは、恥ずかしくて勇気がいるものです。
しかし、自分の体のことで日ごろ感じている些細な症状はありませんか? 日々の健康な生活は、他のなにものにも替えがたいもの。
婦人科的なことで気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

診療内容

  • 子宮筋腫や卵巣のう腫などの良性腫瘍の経過観察
  • 月経不順や女性特有の感染症の検査と治療
  • モーニング・アフターピル(緊急避妊用ピル)の処方
  • 更年期  など

 

婦人科がん検診

女性の死亡原因で一番多い、がん。早期発見・早期治療で、健康な日々を。

日本でがんによって命を落としている人の数は、毎年30万人以上、死亡者全体のおよそ30%にものぼります。
がんは、少しでも手遅れになると命を落とす、大変危険な病気です。
自覚症状がなくても、定期的にがん検診を受け、早期発見・早期治療を行いましょう。

検診内容

  • 子宮頚がん検診
  • 子宮体がん検診
  • 卵巣腫瘍検診

検診にて異常を認めた場合、病状に応じて適切な医療機関を紹介させていただきます。

がん検診の公費負担について

各市町村で公費負担の制度があります。
和歌山県橋本市では、20歳以上の女性なら、1,000円の自己負担のみで子宮がん検診が受けられます。
子宮がんの検診を受診される場合、お住まいの自治体から交付された受診票を必ずお持ちください。
(お持ちにならなかった場合、子宮癌検診は保険扱いとなります)
受診票の交付時期は自治体によって異なりますが、年度初めの4月に交付される自治体が多数です。
受診票が交付されたら、処分せず大切に保管してください。

※自治体によって公費負担の内容が異なります。

対 象 者:20歳以上の女性
利用可能期間:2年ごとに1回
本人負担費用:自治体により異なる(70歳以上は無料)

受診票の交付について

橋本市の場合

4月に各受診対象者に郵送にて交付されます。
負担金額は1,000円です。

九度山町・高野町の場合

町役場にて、受診票の交付を申請してください。
当院窓口負担は無料です。

かつらぎ町の場合

役場より受診対象者宛てに郵送での交付となります。
負担金額は、社会保険加入者であれば1,000円、かつらぎ町の国民健康保険加入者であれば無料になります。

紀の川市の場合 ※平成29年5月~

役場にて、受診票の交付を申請してください。
当院窓口負担は無料です。

五條市の場合

カルム五條にて、受診票の交付を申請してください。
負担金額は頚がんのみ:2,000円です。

ページの先頭へ