トップページ > 診療のご案内 > 不妊治療

不妊治療 安心して当クリニックをご利用ください

不妊症とは

ストレスや過労、極端なダイエットなどで増えている不妊症。

不妊症とは、「妊娠を希望している夫婦が通常の性生活を行っているにもかかわらず、2年を経過しても妊娠しない状態」と定義されています。
不妊症は痛みや発熱など苦痛を伴うものではありませんが、病気と考えられています。なぜ妊娠しないのか原因を調べ、原因にあった適切な治療を受ける必要があります。不妊症の原因は一つではなく、さまざまな原因が重なっている場合もあります。また不妊の原因は女性の側だけにあるのではなく、男性側にある場合も意外に多いのです。

不妊症の治療

当クリニックでは、以下のような治療を行っています。

薬物療法

排卵障害の場合は、排卵誘発剤を用いた治療を行います。男性不妊の場合は男性ホルモン投与による男性機能改善など、それぞれ目的にあった薬物が選択されます。

手術療法

卵管障害や子宮内膜症などの手術には、卵管鏡を使って卵管のつまりを治す手術(卵管鏡下卵管形成術)や、腹腔鏡を使って卵管のまわりの癒着をとる手術などがあります。

人工授精
人工授精:画像

排卵の時期に、採取した精液から元気な精子を集めて子宮腔内に注入する方法です。

体外受精

卵巣から卵子を取り出し、培養器内で精子と受精させて、受精卵(胚)を再び子宮に戻す方法です。

顕微授精
顕微授精:画像

細いガラス管を用いて精子を卵子の中に直接注入して受精させる方法。卵細胞質内精子注入法が主流となっています。

スクリーニング検査

当クリニックでは、不妊の原因を調べるため、ご夫婦それぞれに検査をお願いしています。月経周期にあわせて検査を行いますので、大体の検査を終えるのに1~2ヶ月必要です。

女性側の検査

超音波検査

子宮の形や子宮筋腫の有無などを調べたり、排卵周期に合わせて検査を行い、卵胞の発育や子宮内膜の厚みなどをチェックします。

ホルモン検査

妊娠に関係のあるホルモンが正常に分泌されているかどうかを調べます。

子宮卵管造影検査

子宮内に造影剤を注入して、子宮の大きさや卵管の通過状態を調べます。

腹腔鏡検査

子宮内膜症の疑いがある場合などに腹腔鏡を用いて子宮や卵管に異常がないかを調べます。

頚管粘液検査

排卵期の頚管粘液を採取し、粘液の量と性状を調べます。

ヒューナーテスト

排卵の時期に性交渉をもってもらい、その後の子宮頚管内の精子の数や運動性を観察します。このテストで異常がくり返される場合は、抗精子抗体の有無を調べる必要があります。

その他の検査

全身状態をチェックするための貧血などの基礎的な検査のほか、子宮がん検診・クラミジア検査などを必要に応じて行う。

男性側の検査

精巣検査

精液検査で異常が見られた場合、触診で精巣の状態(大きさ・しこりがないかなど)を調べる。

ヒューナーテスト

排卵の時期に性交渉をもってもらい、その後の子宮頚管内の精子の数や運動性を観察します。このテストで異常がくり返される場合は、抗精子抗体の有無を調べる必要があります。

その他の検査

必要に応じて、染色体異常やホルモンの検査、性感染症を調べる検査などを行うこともあります。

※男性側の原因が見つかった場合、必要に応じて泌尿器科の受診をおすすめすることもあります。

リンク

大阪府不妊専門相談センター

URL:http://www.dawn-ogef.jp/funin-osaka/

ページの先頭へ