トップページ > 診療のご案内 > 腹腔鏡検査・手術について

腹腔鏡検査・手術について 安心して当クリニックをご利用ください

腹腔鏡検査・手術について

※当面の間、腹腔鏡検査・手術・腹腔鏡下FT法は予約をお受けできません。      予め、ご了承ください。

おなかを開腹せずに小さな穴だけをあけて、内視鏡(カメラ)の映像を確認しながら行う手術です。 腹腔鏡手術:画像

まず、全身麻酔をかけ、おなかに炭酸ガスを注入します。ガスでおなかがふくらみ、内部が見やすくなったら、内視鏡をおへそから挿入し、テレビモニターに映しだされるお腹の内部を確認します。患部の確認後、おなかにあけた別の小さな穴から、鉗子などの細長い器具を挿入し、遠隔操作で患部を切除します。
産婦人科の疾患としては、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの手術として行われています。

腹腔鏡手術のメリット

腹腔鏡手術は、開腹手術と違って、おなかを大きく切開しません。
そのため、次のようなメリットが生まれます。

  • 体にかかる負担が少なく、回復が早い。
  • 術後の痛みが少ない。
  • 傷口があまり目立たない。
  • 入院期間が短縮できる。(3~5日程度)

また、腹腔鏡手術自体は、通常の開腹手術とくらべて2倍程度の費用が発生しますが、入院期間が短縮されるため、全体の治療費が安くなるといったメリットもあります。

 腹腔鏡手術:画像  開腹手術:画像

手術前と手術後

手術前

前もって術前検査が行われます。
血液検査・尿検査・胸部エックス線、心電図などです。入院は手術日の当日か前日となります。体調を整えて入院するように心がけましょう。夕方と手術前に浣腸を2回し腸を空にします。おへその処置も行います。
手術当日は、朝から一切飲食はできません。

手術後

手術当日は、手術時に挿入された膀胱カテーテルが残されます。翌日に取り除いたあとは、自力で歩けるようになります。また、手術翌日の朝食までは絶食ですが、お昼からは普通食を食べられるようになります。
シャワーやシャンプーも、経過により翌日から行えます。3日後には、退院のための診察が行われ、順調なら退院できます。

費用について

卵巣腫瘍で腹腔鏡手術を行った場合の費用は、135,000円~168,000円ぐらいです。

※詳しくは、術式が決定した時に受付で説明しています。

注意事項

以下のようなケースでは、腹腔鏡手術を行えず、開腹による手術となります。
また、病状などによっては、安全性を考慮し、腹腔鏡手術の途中で、開腹手術に移行する場合があります。

  • おなかの中の癒着が多い
  • 子宮筋腫が大きくなりすぎた
  • がんの摘出手術
  • その他、医師によって開腹手術が妥当であると判断された場合

卵管鏡下卵管形成術(FT法)

卵管鏡下卵管形成術には、健康保険が適応されています。

卵管鏡下卵管形成術(FT法)、なかなか聞きなれない言葉だと思います。 不妊治療のうち、卵管が詰まったり、狭くなることで、卵子や精子が卵管を通ることができない卵管性不妊を対象にした、内視鏡治療のひとつです。 カテーテルと呼ばれる細い管を、膣から子宮内に挿入し、内視鏡で卵管内の状態を確認したり、癒着を引きはがして通過性を回復させる、体に負担の少ない治療法です。 この卵管鏡下卵管形成術には、健康保険が適応されています。 産婦人科の疾患としては、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの手術として行われています。

治療方法

  • 内視鏡(卵管鏡)と、細い管(カテーテル)を子宮内に挿入します。
  • カテーテルを膣から子宮へと挿入し、卵管に近づけます。
  • カテーテルの風船(バルーン)を膨らませて、卵管の中へバルーンを進めます。
  • 閉塞・狭窄した卵管を広げます。
  • 卵管内の様子を、卵管鏡を使って観察します。

 治療方法の流れ:画像

手術時間 約30分
手術後の最短入院日数 当日帰宅が可能
手術後の傷跡 なし
麻酔 局所麻酔または静脈麻酔
手術後の痛み ほとんどなし

腹腔鏡下FT

腹腔鏡を併用して、FT法を実施する場合もあります。
全身麻酔による2~3時間の手術で、腹部に小さな穴を2~3ヶ所あける方法です。
小さな傷ができますが、腹腔内(子宮、卵巣、卵管周囲など)の治療を同時に行うことが可能です。数日間以上の入院が必要となります。

※腹腔鏡下FT法は健康保険適用外になりますので、担当医師にご相談ください。

治療後の確認

正常な卵管内腔

 子宮図  1:卵管口 子宮から卵管への入り口です。 2:間質部 卵管の子宮筋で囲まれた部分です。ひだはありません。 3:峡部 ひだが少しずつ膨大部に向かって増えていきます。 4:膨大部 卵子と精子が受精する部分です。ひだが多くあります
入口です

子宮卵管造影で見る通過性回復の様子

 卵管が詰まっている画像→卵管の通過性が回復した画像:画像

ページの先頭へ