トップページ > 診療のご案内 > 費用について

費用について 安心して当クリニックをご利用ください

不妊治療にかかる費用について


*人工授精、体外受精に伴う治療費は自費になります。
体外受精については
体外受精セミナー(←リンク)で詳しく説明を行っております。
*患者様個々の治療法や検査結果等により、別途加算が必要となります。
*当院は特定不妊治療費助成事業の指定医療機関となっております。

※ここに掲載している合計金額は予定の金額となります。(税込み)

〔高度不妊治療検査〕

■体外受精・胚移植(IVF-ET)合計275,400円
〔内訳〕
 採卵                 143,400
 精子検査・調整・媒精 27,500
 胚培養・管理料        55,000
 胚移植                49,500

■顕微授精・胚移植(ICSI)   合計330,400円
内訳〕
 採卵                 143,400
 精子検査・調整・媒精 27,500
 胚培養・管理料        55,000
 胚移植                49,500
 顕微授精技術費用   60,000 

■凍結受精卵融解・胚移植
 融解費・胚移植費用  98,500(補助孵化費用含む)

■受精卵(胚)凍結保存
 受精卵凍結保存          45,000(保存胚4個までの費用)
 受精卵凍結延長(1年毎)19,000

■精子凍結保存
 精子凍結保存        18,000
 精子凍結保存延長(1年毎)17,600

■ERA(子宮内膜着床能検査)
 当院通院中の方      135,000
 他院にて治療中の方    250,000

■血液検査
 感染症等(奥様)   10,580
 感染症等(ご主人様)      5,170
 ホルモン採血1項目         1,500

■特定不妊治療の場合の超音波検査 1,800

〔不妊スクリーニング検査〕

■初めての受診で受けていただきたい検査
 超音波検査          1,590
 子宮頸ガン検診        1,020
 クラミジア・淋菌(おりもの)1,430
 培養検査(おりもの)          960

■排卵期にお勧めさせていただく検査
 フーナーテスト           280

■月経3~5日目に実施する血液検査  2,050

■月経7~12日目頃にお勧めさせていただく検査
 子宮卵管造影              8,520
 子宮鏡検査                  2,660
 卵管通水検査              3,120

■高温期に実施する血液検査
 高温期検査                   1,700
 クラミジア                   1,180

■女性の自費検査(検査の時期を選ばない)
 抗精子抗体      6,600
 風疹抗体検査    2,730
 麻疹抗体検査    2,730

■男性に受けていただきたい検査
 精液検査                     3,910

※不妊スクリーニング検査は基本保険適用です(一部自費検査あり)
 (不妊検査には初診料・再診料は含まれておりません。)

公費による不妊治療の助成について

 

一般不妊治療費助成対象者

下記の全てに該当する方が助成対象となります。

  • 法律上の婚姻をしているご夫婦であること。
  • 夫または妻のいずれか一方、あるいは両者が、和歌山県内に1年以上住民登録していること。
  • 申請日の時点で橋本市に住民登録されていて、住民基本台帳に記載されていること。
  • 国民健康保険など、各種健康保険に加入されていること。
  • 夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満であること。

助成対象の経費

以下の費用が、助成の対象となります。

  • 健康保険各法に規定する、療養の給付が適用となる不妊治療
    (例:タイミング療法、薬物療法、手術療法など)
  • 健康保険適用外の不妊治療のうち、体外受精および顕微受精を除く治療(例:人工授精など)
  • 治療の一環として行われる検査および治療開始前に不妊原因を調べるための検査
    (不妊検査の結果、「不妊症」と診断されなかった場合でも、検査費用については助成の対象とします)

※不妊治療を実施している産婦人科・泌尿器科であれば、県内県外を問わず、どちらの医療機関を受信していても助成の対象となります

必要書類

助成を受ける場合は、以下の書類を橋本市に提出してください。

  • 一般不妊治療費助成申請書(申請者がご記入ください)
  • 一般不妊治療医療機関受診等証明書(受診した医療機関で記入してもらってください)
  • 戸籍上の夫婦であることを証明する書類(戸籍謄本および附票、または外国人登録原票記載事項証明書)
  • 夫婦の住所を確認できる書類(住民票)
  • 夫及び妻の所得証明書(市町村窓口で児童手当用を発行してもらってください)
  • 医療機関で発行された、不妊治療に要した費用にかかる証明書(原本)

 

特別不妊治療助成として、不妊治療のうち体外受精及び顕微授について、経済的負担の軽減を図るために、治療費の一部を助成する制度があります。

特定不妊治療費助成対象者

次に掲げる要件を全て満たす方が対象となります。


特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込がないか、又は極めて少ないと医師に診断された方であること

法律上の婚姻をしているご夫婦であること。

指定医療機関において、特定不妊治療を受けた場合であること。

夫または妻のいずれか一方、あるいは両者が 和歌山県内に住民登録していること。

  (和歌山市に住民登録しているご夫婦については、和歌山市で申請してください。)

夫及び妻の前年の 所得の合計額が730万円未満の方が対象となります。

 (1~5月に申請の場合は前々年の所得) 

 

対象都道府県

和歌山県・奈良県・大阪府

 

 必要書類

詳しくは、下記ホームページへ

 

ページの先頭へ